文大統領 財閥トップらと緊急意見交換 日本の措置めぐり

カテゴリ:ワールド

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、10日、日本政府の措置への対応策を協議するため、国内の大企業30社のトップらと緊急の意見交換をして、「事態の長期化」に備える必要性を強調した。

文在寅大統領は、「非常に遺憾な状況だが、すべての可能性に備えなければいけない」と述べた。

会合には、半導体の製造会社を傘下に置く、「サムスングループ」や「SKグループ」など、韓国の財閥や大企業30社のトップらが参加した。

この中で、文大統領は、日本側の措置を「政治目的」と批判、そのうえで政府が輸入先や国内の生産の拡大に支援する方針を示し、事態の長期化に備えて、企業側の協力を呼びかけた。