春節到来!“爆買い”の次は“デジタル”で囲い込み。

  • 爆買いが落ち着き、デジタル技術を駆使した新たな囲い込み広がる
  • SNS「微信 WeChat」で中国から日本語を使うことなく予約可能
  • 「イオン」ではスマホなどを使った通訳サービスを導入

旅行中の1人あたりの消費額は減少傾向

旧正月の春節に合わせ、4日から始まった中国の大型連休。
一時の爆買いが落ち着いた春節の中国人訪日客をめぐり、デジタル技術を駆使した新たな囲い込みが広がっている。

中国ではこの時期、延べおよそ30億人が大移動するとされ、日本にも多くの旅行客が訪れる。

中国人旅行客は、
「東京に遊びに行きます。買い物などをする予定です」
「大阪に行きます。日本に行くのは初めてです。家族に湿布や膝のサポーターなどを買おうかと思っています」などと話す。

中国からの旅行客は増加するが、旅行中の1人あたりの消費額は減少傾向

2017年には、過去最高の735万人が訪れるなど、年々増え続ける中国人旅行客だが、一方で、旅行中の1人あたりの消費額は中国経済の減速もあり、減少傾向にある。

一時は家電量販店や百貨店で見られた、いわゆる爆買いは一段落。
そこで今、日本の企業の間で広がっているのが、デジタル技術を使った中国人旅行客の囲い込み。

ネットを駆使したサービスで客獲得

通訳センターが希望のスタイルを確認

この美容室では、中国人旅行客向けにタブレットを使った通訳のサービスを導入。

美容師
「きょうはカット、縮毛矯正とトリートメントと聞いていますが、スタイルのご希望を聞いて頂けますか?」

通訳センター
「かしこまりました。確認します」

SNS「微信 WeChat」で予約

また、中国で多くの人が利用しているSNS「微信 WeChat」を通じて、予約も可能。
日本の企業が客と美容室の仲介を行い、客は中国から日本語を使うことなく、好きな美容室を予約することができる。

中国人旅行客は、「中国にいながら予約できる。すごく便利です」と話す。

株式会社オーエス・高橋由彦取締役は、
「最近だと毎月100件くらいの予約の問い合わせが来ている状況」と話す。

「イオン」でもスマホなどを使った通訳サービス

さらに、大手スーパーの「イオン」でも、全国およそ550の店舗でスマホなどを使った通訳サービスを導入した。

「イオン」でもスマホなどを使った通訳サービス

2020年に行われる東京オリンピック・パラリンピックに向けて、訪日旅行客の囲い込みはますます過熱しそうだ。

(「プライムニュース α」2月4日放送分)

プライムニュース αの他の記事