最新食品ロボ「協働型」に注目 人手不足の課題解決

カテゴリ:テクノロジー

お弁当の盛り付けもお任せ。

人手不足の解消に、ロボットの活躍が期待されている。

東京ビッグサイトで始まったアジア最大級、食の技術の見本市「FOOMA JAPAN 2019」。

最先端テクノロジーを装備した、食の現場で働くロボットが集まった。

ケーキにクリームをデコレーションするロボットや、ソフトクリームを巻くロボットなど、繊細な技が披露された。

複雑な動きを可能にしたロボットが並ぶ中、注目を集めたのは、人手不足に一役買いそうなこのロボット。

お弁当に食材を詰める作業が行われているが、人と人の間にロボットが作業している。

ベルトコンベヤーを流れていくお弁当に、から揚げを詰めているのは、おそろいのエプロンを着けた人型ロボット。

胸と頭の部分にあるカメラで、画像を認識。

AI(人工知能)により食材を見分け、指定の位置に盛り付けることができるという。

具材をトマトに変えてみると...。

カメラセンサーがトマトを画像認識して、つぶすことなくトマトを持ち上げることができた。

これまで、安全性の面などから難しいとされてきた、人とロボットとの協働作業。

この人型ロボットは、素材はプラスチックのため、ぶつかっても痛くない。

また、キャスターが付いているため、自由に移動させることもできる。

深刻な人手不足が叫ばれる食品業界。

人と共に働くことができるロボットの開発に期待が集まる。