錦織圭 “芝生の帝王”フェデラーに「勝てるとは思っている」その自信のワケは?

カテゴリ:芸能スポーツ

快進撃を続ける錦織圭選手だが、次の対戦相手は強敵のロジャー・フェデラー選手。

ヨーロッパメディアによると、試合後の会見で、錦織選手は「勝てるとは思っている」と自信を見せたというが、はたしてフェデラー選手に勝って、ベスト4入りできるのか。

9日は、ここにフォーカスします。

フェデラー選手は、4大大会で最多の20回、ウィンブルドンで8回の優勝を果たしていて、世界ランキングは3位。

特に、“芝生の帝王”と呼ばれるように、芝生のウィンブルドンでは圧倒的な強さを見せている。

また、これまでの2人の対戦成績だが、直近のATP(プロテニス選手協会)ファイナルズで錦織選手が勝利しているものの、3勝7敗と大きく負け越している。

イギリスの大手ブックメーカーのオッズを見ても、錦織選手が6.5倍、フェデラー選手は1.1倍と、フェデラー選手が圧倒的に優勢となっている。

こうした中、「勝てる」と発言したという錦織選手。

本当に勝機はあるのか。

元プロテニスプレーヤーの佐藤直子さんは、「錦織選手が、芝生でここまで良いプレーができているのは初めて。体力が残っているベスト8でフェデラー選手と対戦できるのは、神さまが恵んでくれたチャンス。これまで通りプレーできれば、十分勝てる」と話した。

準決勝に進出すれば、男子日本勢としては86年ぶりの快挙となるだけに、錦織選手の活躍に期待したい。