「7pay」不正アクセスで社長が緊急会見し謝罪 「被害は約900人、5500万円」【冒頭全録】

カテゴリ:ビジネス

セブン-イレブンで使えるスマートフォン決済サービス「7pay」で、第三者による不正アクセスが確認された問題。

セブン・ペイの小林強社長が、4日午後2時から緊急記者会見した。

小林社長は、冒頭、「被害にあわれたお客様に対して深くお詫び申し上げる。ご利用なさっているお客様、関係者の皆様に、多大なるご心配、ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げる」と謝罪。今回の不正アクセスの状況と対応について説明した。

小林社長の会見冒頭の発言の概要は以下の通り。

被害の内容は、第三者が何らかの方法でセブン・ペイ利用者のアカウントにアクセスし、本人になりすまし、登録されたクレジットカードおよびデビットカードを通じて当該アカウントにチャージを行い、セブン-イレブン店舗で商品を購入するもの。

7月2日夕方、お客様から身に覚えのない取引があったようだとのお問い合わせをコールセンターで電話を受けた。

その内容に基づき、社内調査をした結果、一定の不正であろうという事実が判明した。

その事実に基づいて、お客様サポートセンターの緊急ダイヤルを設置するとともに、クレジットカード、デビットカードによるチャージをいったん停止する対応をした。

あわせてホームページで「重要なお知らせ」ということで、ID・パスワードの注意喚起を載せた。

不正アクセスが疑われる被害者の人数・金額の詳細は現在調査中だが、我々なりの前提をおいて試算したところ、約900人、金額にして5500万円(午前6時現在)。

被害にあったお客様には、すべての被害に対して我々が補償するのが基本原則。

あわせてお客様サポートセンター緊急ダイヤルを設置して、不安になっているお客様に対して丁寧に説明する対応をしている。

今後は、現在クレジットカード、デビットカードからのチャージを停止しているが、加えてセブン-イレブン店頭のレジ、セブン銀行のATMにおける現金のチャージ、nanacoポイントからのチャージを停止し、すべてのチャージを一時停止する。

「7pay」の新規の登録についても一時停止する。

停止する期間で調査し、なるべく早いタイミングで再開することを願っている。

さらなる安全策を時間をかけずに検討し、万全の体制で再開したい。