5児のパパ つるの剛士 親子で“次世代教育”に挑戦

カテゴリ:芸能スポーツ

“理想のパパ”ランキング、2年連続1位。

5人の子どもを育てている、つるの剛士さん(44)が27日、スマホタブレットの知育アプリのPRイベントに出席。

つるの剛士さんは、「子どもたちから教わることたくさんある。一緒に共に育つで“共育”だと思っているので、一緒に育っていきたい」と話した。

このアプリでは、独自に監修されたオリジナル絵本が読み上げられるだけでなく、ストーリーに合わせた問題をキャラクターが出題。

それに答えることで、子どもたちの考え方や意見を相手に伝える力が養われる。

つるのさんは、末っ子で3歳の絢斗君に、この知育アプリを体験させたそうで、「まだ絵本の内容とか理解はできなくて、途中出てくるボタンを一生懸命押したりとか。あと名前を呼んでくれるんです、ゲームの中で。『絢斗く~ん』とか言うんです。あれはすごく反応してたりして。最後にクイズがたくさん出てくるんですけど、絵本の中での復習問題みたいな問題がたくさん出てきて、それをどうだった? って、(子どもは)適当にボタン押してますけど」、「(どうですかクイズは?)僕は大丈夫ですよ。(つるのさんは余裕?)余裕っすね! (子ども用の)これくらいなら余裕っすね!」と話し、親子で次世代教育を楽しんでいる様子。