香港 “完全な撤回”求め200万人規模のデモ 政府トップ陳謝も撤回せず

カテゴリ:ワールド

中国本土への容疑者引き渡しを可能にする条例改正をめぐり、香港で16日、「完全な撤回」を求める200万人規模のデモが行われている。

現地時間の午後11時すぎ、議会のすぐ近くにある大通りは大勢の参加者が占拠していて、道路の奥からは、続々と参加者が流れ込んできていた。

デモは日本時間の午後4時ごろに始まり、市民およそ200万人が中国本土への容疑者の引き渡しを可能にする条例の改正を、「延期」ではなく「完全に撤回」することを求め、一部の道路を占拠するなどしている。

これまでに目立った衝突などは起きていない。

デモを受け、16日午後、香港政府トップの林鄭月娥行政長官が「市民に失望と悲しみを与えた」と陳謝の意を発表したが、条例改正は依然、撤回していない。

路上でのデモが認められているのは日本時間の午前1時までだが、現場は今も参加者の熱気に包まれている。