タンカー攻撃「断固非難」 イラン訪問で日米電話会談

カテゴリ:国内

安倍首相は、14日夜、アメリカのトランプ大統領と電話で会談し、イラン訪問の結果を説明した。

安倍首相は「トランプ大統領から、わたしのイラン訪問、そして働きかけに対して、謝意の表明がございました」と述べた。

政府関係者は、14日夜、FNNの取材に対し、安倍首相がトランプ大統領の求めに応じ、拘束中のアメリカ人の解放をイラン側に働きかけた、と明かしている。

一方、日本の会社が運航するタンカーなどが被害を受け、アメリカが「イランの責任」としている襲撃事件について、安倍首相は、「いかなる者が攻撃したにせよ、船舶を危険にさらす行動に対して、日本として断固非難する」としたうえで、「全ての関係国が自制し、緊張を高めるような行為は厳に慎むべきだ」と強調した。