脱プラ製品 日の丸技術アピール G20環境相会合

カテゴリ:国内

プラスチックごみ問題。

日本の先端技術を世界に発信。

15日から長野県で開かれるG20(主要20カ国・地域)のエネルギー環境相会合。

主要な議題の1つは、海洋プラスチックごみの削減。

会合に合わせて開催された展示会では。

「素晴らしいですね。このストローは、分解できるんですね。木でできているんですか? それとも紙ですか?」

会場を訪れた原田環境相らが手にしたのは、木製のストロー。

会場には、脱プラスチック素材など、100を超える「日の丸技術」が展示された。

500mlのペットボトルおよそ8本から作られているワイシャツ。

気になる肌触りは、つるっとしているが、ぐっと伸ばすとすごい伸縮性があって、サッカーのユニホームのような感じで着心地が良さそう。

そして、シャツの包装には紙ボックスを使用。

型崩れを防ぐためのクリップなど、ワイシャツ1枚あたりで、およそ25グラム使用していたプラスチックを削減した。

株式会社はるやまホールディングス・中村萌さんは「現在、消費者の方でも海洋プラスチック問題などに注目していて、自分からエコな商品を買いたいというお客さまも見受けられるので、(従来品と)価格を変えないで提供している」と話した。

化学メーカーの「クラレ」が製造している「プランティック」。

一見、これまでと同じプラスチックに見えるが、主にでんぷん素材から作られており、CO2の削減にもつながるという。

株式会社クラレ・片倉剛志さんは「例えば食品の香りを維持したり、外から嫌な臭いを寄せつけなかったり、酸素の遮断もするので食品の酸化劣化を防止し、賞味期限を延長、そういった効果もある」と話した。

空気を遮断する性能の高さから、欧米などではパスタや肉類などの包装に、また韓国ではコーヒー豆の包装材として使用されている。

このほかにも、石油を一切使わず、主に石灰石を原料とした袋も展示されるなど、脱プラへの、日本のさまざまな取り組みが紹介されている。

15日からの2日間の会合に向け、原田環境相は「国際的に(海洋プラスチックごみが)どういう状況か、必ずしも統一した統計がないので、まずはこの問題について、しっかりとした枠組みができればと、今努力している」と述べた。

(長野放送)