全ての虐待事案の安全確認 8月末までに 全国の児相 緊急会議

カテゴリ:国内

北海道・札幌の2歳女児衰弱死事件で、児童相談所の対応のまずさが指摘される中、厚生労働省は、全ての虐待ケースの安全確認を8月末までに実施し、報告するよう全国の児相に指示した。

全国の児童相談所長を集めて開かれた緊急会議で、根本厚労相は、子どもの安全確保を最優先に一時保護を実施することなどを訓示した。

また、厚労省は、全国の児相が在宅指導している全ての虐待ケースの安全確認を8月末までに実施し、報告するよう指示した。

一方で、児相からは、通告が増えすぎると、緊急性やリスクのある事案が埋もれてしまうなどの切実な声も上がった。