【速報】日本のタンカー攻撃される 中東・ホルムズ海峡付近で

カテゴリ:ワールド

中東のホルムズ海峡付近で、日本の海運会社が運航するタンカーなど2隻が攻撃された。

国土交通省や日本船主協会などによると、ホルムズ海峡付近で13日朝、タンカー2隻が攻撃を受けた。

1隻は、東京・千代田区の海運会社「国華産業」が運航する、パナマ船籍のケミカルタンカー「KOKUKA COURAGEOUS」号で、エンジン付近に被弾した。

世耕経産相は、「乗組員にけがはなく、すでに船から退船して、日本人の乗組員はいなかったと聞いている」と述べた。

一方、被害を受けた国華産業も、13日午後6時半前、都内の本社で取材に応じた。

国華産業・堅田豊社長は、「エンジンに近い部分に砲弾受け、外板が貫通した。機関室の鉄板まで近づいて、その火花で延焼が生じた。詳細の説明は、今の時点われわれもできないので、それはお許しいただきたい」と話した。