政権批判のロシア記者 「証拠不十分」で解放

カテゴリ:ワールド

ロシアで政権内部の汚職を追及していた、独立系ニュースサイトのイワン・ゴルノフ記者が、密売目的のコカイン所持で警察に拘束された事件で、現地当局は11日、「証拠不十分」として捜査を打ち切り、ゴルノフ記者を解放した。

大手新聞3紙が、前日にそろって、1面で「事件は、警察による捏造(ねつぞう)だ」と異例の抗議をし、政権が早期の幕引きを図った形。