動物公園に野生のクマ 園内でもツキノワグマ3頭飼育

カテゴリ:国内

広島市にある安佐動物公園の園内で11日夜、野生のクマが発見され、12日現在も捜索が続いている。

11日午後8時15分ごろ、安佐動物公園内のポニーなどの動物と触れ合えるゾーンのあたりで、野生のクマが歩いているのを園の職員が発見した。

発見されたクマは、およそ1メートルで、ツキノワグマの子どもとみられていて、捜索にあたっているが、まだ見つかっていない。

安佐動物公園・嶋田浩明係長は、「動物園の中に入ってきたというのは、今回が初めて。(クマが)いないことをしっかり確認して、安全に運営していきたい」と話した。

(テレビ新広島)