安倍首相 イラン・ハメネイ師と会談へ トランプ大統領のメッセージ伝達

カテゴリ:ワールド

アメリカとイランの軍事的緊張が高まる中、安倍首相は両国の仲介をするため、12日午前、イランに向け出発した。

安倍首相のイラン訪問は国際的にも関心が高く、アメリカとイランの対話という次のステージにつなげることができるのかが最大の焦点。

安倍首相は、「日本として、でき得るかぎりの役割を果たしていきたい」と述べた。

現職の首相がイランを訪問するのは41年ぶりで、安倍首相は滞在中、ロウハニ大統領のほか最高指導者のハメネイ師とも会談する。

対話を望むトランプ大統領のメッセージを伝え、中東地域の緊張緩和を呼びかける考え。

政府関係者は、イラン側の対応について、「日本との関係を重視しているだけではなく、アメリカとの対話の糸口を探っている」とみている。

両国との友好関係を生かして仲介役を果たしたい安倍首相だが、イランが低濃縮ウランの生産を拡大させ、アメリカが制裁を続ける中で、両国の緊張緩和につなげられるのかは不透明。