選手を守る最先端テクノロジー 一挙公開

カテゴリ:テクノロジー

働く人に役立つ、プラスαな考え方に注目する「αism」。

アスリートの課題を解決する世界の最新テクノロジーを一挙公開です。

明るい日差しが差し込む一室に現れた、外国人の男性。

すると、服を脱ぎだす男性。

身に付けていたのは。

「これが新たなテクノロジーさ」

イノベーションが解決するスポーツの未来とは。

世界中からスポーツテクノロジーに関するスタートアップ100社が集まった「SPORTS TECH TOKYO」。

そこには、国内未発表の最新技術の数々が。

剛速球は、本物のメジャーリーガーのボールをVR空間でリアルに再現したもの。

Trinity VR ジュリアン・ヴォリン氏「VR環境下で、選手の実績のデータ収集ができて、選手の能力向上はもちろん、スカウティングや対戦相手のトレーニングに使える」

ほかにも、サッカー プレミアリーグの強豪チェルシーや、アメリカ NBAの試合中継の時にすでに実用化されている「無人AIカメラ」など、あらゆるスポーツにまつわる技術が並ぶ中、αが注目したのが、競技者の課題を解決するテクノロジー。

わたしたちの前で、シャツを脱ぎ始めた男性。

この黒いTシャツは、心電図センサーを備えている。

こちらの企業が目指すのが、心臓発作の危険性を2日前に予測すること。

KYMIRA ティム・ブラウンストンCEO(最高経営責任者)「(センサーは)心臓の情報を収集し、サーバーにその情報を送ります。サーバーでそのデータを記録して、人工的な動きを除去し、4つの段階に分けます。そして、われわれの予測アルゴリズムで、心臓に起こりうる現象を常にたどるんです」

スポーツ選手が、試合中や練習中に心臓発作を起こし、突然死するケースがある中、ビッグデータを活用することで、それを未然に防ぐのが狙い。

スポーツ選手を守るテクノロジーは、ほかにも。

次世代型マウスピースは、コンタクトスポーツの局面で見られる激しい衝突や、転倒の際の頭部にかかる衝撃を測定できるという。

マウスピースが感じ取ったデータが、衝撃度として表示され、ぶつかった場所もわかる。

脳振とうのおそれがある選手を事前にベンチに下げるなどの対策につながると期待されている。

世界に通ずるスポーツテックに関わる多様な技術。

今後、スポーツだけでなく、その先の可能性も見据え、注目を集めている。