48時間ルール守らず ほかにも4件 衰弱死問題の札幌児相

カテゴリ:国内

札幌市児童相談所は、2歳の池田詩梨ちゃんが母親らに虐待を受け、衰弱死した事案とは別に、いわゆる「48時間ルール」に違反していた事案が、ほかにも4件あったことを明らかにした。

池田詩梨ちゃんが死亡した事件をめぐっては、児童相談所が、虐待通告があってから「48時間以内に安全確認をし、それができなかった場合、立ち入り調査をする」とした、48時間ルールを守らなかったことが問題視されている。

児童相談所は11日夕方、あらためて会見を開き、今回の事件を受けて虐待通告案件全てを調べたところ、48時間ルールを違反している事案が、ほかにも4件あったことを明らかにした。

うち2件は、依然として安全確認ができていないという。

一方、道警が、強制的な立ち入り調査である「臨検」をうながしたのにもかかわらず、児童相談所が応じなかったと話している点については、「臨検という言葉が出た記憶はない」とあらためて否定した。

(北海道文化放送)