地上300mの挑戦 アルプスの山に張りめぐらされたロープを...

カテゴリ:ワールド

高所恐怖症の人は、映像を見るだけでも、足がすくみそう。

まるで、宙に浮いているような男性。

綱渡りから生まれたといわれるスポーツ「スラックライン」に挑戦中。

地上およそ300メートル、フランス・アルプスの山に張りめぐらされたロープをはだしで渡っていく。

バランスを崩したり、追い風や霧に悩まされながらも、800メートルを19分50秒かけて、無事に渡りきった。

今回の挑戦について、男性は、「ライン上で風に吹かれると、数メートルほど体が押されてしまうので、バランス感覚よりも精神力が、より重要だった」と語っている。