香港緊迫 条例改正に市民反発続く 中国への容疑者引き渡しめぐり

カテゴリ:ワールド

香港で9日に行われた条例改正に反対するデモは、主催者側の発表で、100万人以上が参加し、中国返還以降で最大の規模になった。

今後は、改正案をめぐって、さらに緊張が高まるおそれもある。

デモ隊の一部は10日未明、香港政府施設の周辺で警察と衝突、警察側は催涙スプレーなどで対抗して、けが人も出た。

反発が起きている「逃亡犯条例」の改正案は、事件の容疑者を中国本土に引き渡せるようにするもので、市民は、「中国政府に都合よく利用される」と反発を強めている。

10日朝の地元の新聞は、「職業も年齢も幅広い100万人が、怒りの声を上げた」などと大きく伝えている。

改正案の審議は、香港の議会で12日に行われる予定で、再び大規模デモがあれば、緊張がさらに高まるおそれもある。