香港中心部で抗議デモ 中国本土に“容疑者引き渡し”

カテゴリ:ワールド

香港では、刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡すことを可能にする条例の改正をめぐって、反発が強まっている。

香港中心部では、9日午後から大規模な抗議デモが行われている。

抗議デモは、40万人の参加を目標に、香港中心部で行われている。

問題となっているのは、香港政府が、容疑者を中国本土に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」の改正案で、民主活動家など、中国に批判的な人だけでなく、すべての人を対象に、中国政府に利用されることが懸念されている。

デモ参加者は、「市民が、発言にすごく気を遣うことになる。大きな問題だと思います」と語った。

香港政府は、7月までに可決させる意向だが、高度な自治を認めた「一国二制度」のさらなる形骸化につながる法改正に、反発の声は収まりそうにない。