5月発射“北”ミサイル 在韓米軍も核攻撃できる

カテゴリ:ワールド

北朝鮮が5月に発射した短距離弾道ミサイルについて、アメリカの専門家は、韓国のほぼ全域を核で攻撃する能力があるとの分析を発表した。

北朝鮮の核・ミサイル問題を研究するジェフリー・ルイス氏は、北朝鮮が5月上旬に発射した新型の短距離弾道ミサイルについて、500kgの核弾頭を搭載し、最大450km飛ばすことができると分析している。

ルイス氏はまた、「在韓米軍司令部を含む韓国のほぼ全域を核攻撃できる」と指摘している。

トランプ大統領は、このミサイル発射を問題視しない考えを示しているが、韓国や在韓米軍への深刻な脅威となる可能性がある。