グーグルのクラウドゲーム 詳細判明 ゲーム業界新時代

カテゴリ:テクノロジー

グーグルの新サービス「STADIA」。

ゲーム業界に与える影響とは。

アメリカのIT大手・グーグルが立ち上げた、ゲームのプラットホームサービス「STADIA」。

その詳細が、徐々に明らかに。

ゲーム業界の構図を大きく変えるともいわれているが、これまでのゲームとはどこが違うのか。

「STADIA」は、ゲーム機本体は不要で、インターネットを使ってプレーするサービス。

グーグル社のインターネットブラウザー「グーグルクローム」を搭載したパソコンやタブレット、そして、グーグル社製のスマートフォンがあれば、どこでもゲームを楽しむことができる。

ゲーム機本体の役割は、グーグルのクラウド上で行われる。

ゲームソフトもグーグルのクラウド上にあるため、ソフトをダウンロードする必要はない。

今後、クラウドの性能が上がれば、グラフィックやゲームの性能も自動的に向上する。

グーグルのフィル・ハリソン副社長は、「ダウンロードやパッチファイル、インストールも必要ない。コントローラーを手にしたらすぐにプレイできる。この直接のコネクションこそが最大級のパフォーマンスや最高のストリーミング体験の鍵となる」と述べた。

登録すれば月額およそ10ドル、1,100円ほどで、ファイナルファンタジーやドラゴンボールといった人気ゲームのほか、Stadia専用のゲームなど、およそ30作品の配信ゲームが遊べる。

グーグルのフィル・ハリソン副社長は、「われわれは『STADIA』で、世界中のゲームプレーヤーと観戦者を1つにして、世界的なゲームコミュニティーをつくりたいと考えている」と述べた。

配信は、11月からの予定で、アメリカやイギリスなど14カ国でスタート。

日本での配信開始は未定。