カメラが捉えた蒼井優の笑顔 382回! 山里亮太・蒼井優 電撃令和婚会見

カテゴリ:芸能スポーツ

山里亮太さん(42)と蒼井優さん(33)の結婚会見。

まだまだ発掘! 結婚会見と語られなかった秘話。

(手を見せるのってできますか?)

山里さん「何も(指輪)つけてないですけど...」

「エアー(してるふり)でいいです」と言われて両手を見せる2人に、「それは、オペ前でございますので」というツッコミも。

会場が笑顔に包まれた、南海キャンディーズ・山里亮太さんとトップ女優・蒼井優さんとの“電撃令和婚”記者会見。

司会「ごあいさつをお願いします。山里さんマイクを!」

マイクを持たずに立った夫の姿に、思わず笑みを見せる妻・蒼井さん。

山里さん「皆さんに伝わりやすい、緊張という形をお伝えしてるので」

すると、2人の前を横切ったカメラマンがつまずくハプニングも。

山里さん「あのー、今のところ一番おもしろいんですよ」、「高校球児みたいなヘッドスライディング」、「おけがはないですか?」

そして、2人を引き合わせた愛のキューピッド、山里さんの相方・しずちゃん(40)も登場。

3人での会見は、笑いに包まれた。

(山里さんと結婚、最大の理由は?)

山里さん「首ひねっちゃダメよ! 今の質問に、絶対に首ひねっちゃダメなんですよ」

蒼井さん「ごめん」、「やさしい!」

山里さん「ざっくりです」

山里さんは、交際を申し込んだ際、蒼井さんに結婚の意思も伝えていた。

(蒼井さんのお答えは?)

蒼井さん「なんて答えたんだっけ?」

山里さん「前向きでしたよ。絶対前向きでした!」

(大丈夫ですか?)

山里さん「あのー、まさかだけど...俺じゃなかった?」

山里さんの慌てぶりに、大笑いの蒼井さん。

山里さんの相方であり、蒼井さんの親友でもある、しずちゃんが見た2人の関係は。

しずちゃん「山ちゃんは、すぐに調子に乗って、てんぐになりがち。そういうところも、優ちゃんは、こういう時はこういう態度をとったらあかん。そこはちゃんと、スタッフさんに、もうちょっと対応したら、おいしいご飯作ってあげるよと言ったりしてると聞いて、素晴らしい人やな。ダメなところを叱ってくれる存在を見つけて、すごく良かった」

2人のことを知り尽くしている、しずちゃんは、相性の良さに太鼓判を押したところで、話題は、ブサイクランキング殿堂入りの山里さんのルックスについて。

(山里さんのここの顔のパーツが好きというところは?)

蒼井さん「変なところからひげが生えている...」

山里さん「どちらから生えてますか? ちょっとわがままな毛根に助けられましたね」

しずちゃん「これ肛門やな」

山里さん「いいかげんにしろよ」

夫と親友、2人のやり取りを、ほほ笑ましく眺める蒼井さん。

(好きなパーツは?)

蒼井さん「そうですね...」

山里さん「鼻が高いかなぁ」

蒼井さん「鼻が高いです」

山里さん「久しぶりの船場吉兆感が出ちゃいましたけど」

会見中、山里さんのトークに、蒼井さんは終始笑いっぱなし。

さらに、山里さんが結婚の許しを得るため、蒼井さんの両親を訪ねた際は。

山里さん「『どうか、僕たちの結婚を許してくれませんか?』と頭を下げましたら、『こちらこそありがとう』と僕の肩を抱いてくれまして」

蒼井さん「『いくつかパターン用意したから全部やらせてくれ』って」

一人娘の父として、一度はやってみたかったという寸劇に付き合うことに。

山里さん「『お父さん、娘さんを僕にください』と言ったら、『どこの馬の骨かわからないやつに娘はやれん!』って言ったあとに『ありがとう。次ね』って」

蒼井さん「一人娘なので、父の夢がそこでしか、かなえられない」

山里さん「『娘さんを僕にください』と言ったら、『手塩にかけて育てた娘を、貴様みたいなやつに、やれるわけないだろ! な! 母さん!』って」

蒼井さん「『殴るから、お母さん止めて。そこで、優が全力でやめてと叫ぶ』って言われて」

山里さん「すごくいいご両親で」

しずちゃん「おもしろいお父さん」

会見の最後に、あらためてマイクを持つと。

蒼井さん「わたしは、山里さんの仕事に対する姿勢を、本当に尊敬しています。なんで山里さんと生涯をともにできたらと思ったかというと、わたしも基本的には怠け者なんですけれど、実際、仕事に入るとなると、とことんやってしまうんです。山里さんを見ていると、“それで間違っていないんだな”って思わせてくれるので、とても勇気が湧きます。わたしより、山里さんの方が、きっと仕事がないと生きていけない方と思うので、できる限り、亮太さんを支えたいと思います」

結婚会見から一夜明け、情報番組に出演した山里さん。

会見では語らなかった、プロポーズのエピソードを披露した。

それは、何度か食事デートを重ねたある日、蒼井さんが山里さんの自宅を訪れ、山里さんが、仕事で先に家を出る時のこと。

「そんなに深い意味はなく、鍵を渡してっていいですか?」と、自宅の合鍵を蒼井さんに渡したところ。

「深い意味でもいいんですよ」

山里さんは、この会話で、一気にプロポーズするモードに。

「僕と結婚してみます?」

「はい」となったそう。

6日の会見の中で、蒼井さんが笑う姿が多く見られた。

その数、1時間14分の会見の中で、382回。

蒼井さんは、「家に一緒にいると、しんどいくらい山里さん笑わせてくれるんです」と会見でも話していた。