ロボットが警備 成田空港で“国内初”

カテゴリ:テクノロジー

成田空港で、国内の空港で初めて警備ロボットが導入された。

障害物を避けながら、時速4kmで指定されたルートを巡回。

熱を感知するセンサーで、ごみ箱の点検もこなす。

成田空港会社は、ロボット導入で、「より高度で効率的な警備を実現していく」としている。