“黄金の馬” 日本での繁殖に初成功 世界に約3000頭

カテゴリ:話題

スヤスヤと、気持ちよさそうに眠る子馬。

5月31日に誕生した「アハルテケ」という品種のメスの赤ちゃん。

青森県内の牧場で、日本で初めて繁殖に成功した。

「アハルテケ」は現在、世界におよそ3,000頭しかいない希少種で、体が金色に輝いて見える個体もあることから、「黄金の馬」とも呼ばれている。

原産国の中央アジア、トルクメニスタンでは、国の馬に指定され、国外への輸出は原則禁止だが、2年前、特別にこの牧場に輸入された。

1週間もたてば、親子で牧場を走り回る姿が見られるという。