中国国防相がアメリカ批判 “軍事拠点化”を正当化

カテゴリ:ワールド

シンガポールで開催中のアジア安全保障会議で、中国の魏鳳和国防相が演説し、南シナ海に関与を強めるアメリカを批判したうえで、中国による軍事拠点化を正当化した。

中国・魏鳳和国防相「(南シナ海で)脅威があるから自衛の必要がある。強大な軍用機、軍艦に直面しているからこそ、自衛施設を設けざるをえない」

魏国防相は、「域外の国家が『航行の自由』を守るふりをして、大量に兵力を投入していることが最大の不安定要素だ」とアメリカを批判し、「防衛施設を設けることは自衛のためだ」と主張した。

また、トランプ政権が関与を強める台湾について、「中国から分裂させようとするなら、中国軍は全ての犠牲を払って戦う選択肢しかない」と述べた一方、米中関係については「正常な軌道に戻さなければならない」と訴えた。