【独自】聖火台設置の遊歩道「オリンピック・プロムナード」に

カテゴリ:国内

2020年東京オリンピック・パラリンピックの聖火台が設置される遊歩道の名称を、「オリンピック・プロムナード」とする方針を固めたことが、FNNの取材でわかった。

大会関係者によると、「オリンピック・プロムナード」は、港区台場と江東区有明を結ぶ、およそ2kmの聖火台が設置される遊歩道で、23日、IOC(国際オリンピック委員会)の了承を得る方針。

遊歩道周辺は、スポーツクライミングや自転車のBMXなど、都市型スポーツの会場が集まる東京大会を象徴するエリアで、IOCがエリア名などを考案するよう求めていた。

大会関係者は、「オリンピック・プロムナード」を中心に、このエリアを世界に発信していきたいとしている。