日産自動車 西川社長続投とルノートップを取締役に

カテゴリ:ビジネス

日産自動車は、西川社長の続投とルノーのトップを取締役に迎える人事を発表した。

西川社長は「新しいガバナンスをスタートさせて、業績の回復ということに尽きる」と話した。

西川社長は続投し、フランス・ルノーからは、4月、取締役に就任したスナール会長に加え、新たにボロレCEO(最高経営責任者)を取締役に迎える。

ルノーのトップ2人について、西川社長は「経営監督という立場で貢献してほしい」と述べた。

一方、「暫定指名・報酬諮問委員会」の井原慶子委員長は、西川社長の責任を問う声もあったものの、「経営の安定とルノー・三菱自動車との提携強化が重要」と判断し、社長を続投させたことを明らかにした。