五輪中“首都高1000円上乗せ” 渋滞緩和に向け調整

カテゴリ:国内

2020年東京大会期間中の渋滞緩和に向けて、東京都と国などが首都高速道路の通行料金を1,000円上乗せすることを軸に調整していることがわかった。

東京オリンピック・パラリンピック大会期間中の渋滞対策として、都と国、組織委員会などは首都高の料金を時間帯によって変動させる「ロードプライシング」を検討している。

関係者によると、通行量の多い時間帯の上乗せ額は、1,000円を軸に調整が進められていて、トラックや物流車両は、対象外とし、深夜や未明の時間帯は、料金を引き下げる方向。

また対象エリアは、中央環状線の内側を中心に検討を進め、交通量を分散させる方針。