輸入自動車への追加関税 米政権 判断を半年延期

カテゴリ:ワールド

アメリカのトランプ政権は、日本車などに対する追加関税の判断を半年間延期することを決定した。

トランプ大統領は17日、日本やEU(ヨーロッパ連合)からの自動車や自動車部品に対する追加関税の判断を最大180日間延期すると発表した。

また、トランプ大統領は輸入自動車や部品の増加がアメリカの安全保障上の脅威になっているとして、180日以内に貿易不均衡について、日本やEUと交渉するよう通商代表部に指示した。

期間内に合意に至らなかった場合は、追加の措置が必要かどうか判断すると強調している。

トランプ大統領は、これまで日本車などの関税を25%に引き上げることを検討していて、18日が判断の期限だった。