“北”ミサイル発射も... 「条件なしは変わらない」

カテゴリ:国内

安倍首相は、16日の衆議院本会議で、条件をつけずに日朝首脳会談の実現を目指す方針は、北朝鮮が短距離弾道ミサイルを発射しても変わらないと強調した。

国民民主党・渡辺周衆院議員「国連安保理決議違反である弾道ミサイルを発射した状況下でも、安倍総理は会談するという姿勢に変わりはないのか」

安倍首相「次は、自分自身が金正恩(キム・ジョンウン)委員長と向き合うとの決意を、わたしは従来から述べてきました。この立場は、先日の北朝鮮による短距離弾道ミサイル発射によっても変わっていません」と述べた。

この中で安倍首相は、北朝鮮の短距離弾道ミサイル発射にかかわらず、金正恩委員長との会談を目指す方針を重ねて示したうえで、「拉致問題の解決に向けて、わが国自身が主体的に取り組むことが重要だ」と強調した。

一方で、「北朝鮮の非核化が実行されるまで、制裁は解除されるべきではない」と述べ、圧力を維持する姿勢も示した。