スマホ返せば端末お得に! ドコモが脱「セット販売」

カテゴリ:ビジネス

携帯電話各社が通信料金の新プランを相次いで発表する中、今度はドコモが端末代金割り引きプログラムを発表した。

16日、NTTドコモが夏モデルのスマホとともに発表した新たなサービス、その名も「スマホおかえしプログラム」。

NTTドコモ・吉澤和弘社長は、「スマホをお返しいただければ、お客さまにメリットをお返しする」と述べた。

例えば、10万8,000円のスマートフォンを36回分割で支払う場合、月々の支払いは3,000円。

今回のサービスでは、24回分、7万2,000円を支払った段階で端末を返却すれば、残りの最大3万6,000円分、つまり端末代金の3分の1の支払いが不要になる。

携帯電話の契約はこれまで、通信料金と端末代金のセット販売を条件に値引きするものが主流だった。

しかし、「料金がわかりづらい」などの指摘があり、このセット販売は、秋にも法律で禁じられることに。

そのため、各社は、通信と端末を切り離す“分離プラン”の導入を進めていたが、「端末代金が割高になるのでは」との懸念が上がっていた。

こうした中、端末割り引きプログラムを打ち出したドコモ。

政府主導で、大幅な値下げを迫られる中、3社の競争は、さらに激しさを増すとみられる。