大塚家具 事業計画発表 「2020年4月期に黒字」方針

カテゴリ:ビジネス

経営再建中の大塚家具は、今後の事業計画を発表し、2020年4月期に黒字化を目指す方針を示した。

事業計画によると、業務提携したヤマダ電機での家具の販売やネット販売の強化などで、2020年4月期の業績予想で、最終利益が2,500万円の黒字となる見通しだという。

大塚家具は、2018年まで3年連続の最終赤字となっていた。