プーチン大統領「米との関係回復望む」 米大統領選介入は否定

カテゴリ:ワールド

ロシアのプーチン大統領は14日、南部のソチでアメリカのポンペオ国務長官と会談し、悪化している米ロ関係について、「われわれも完全な関係回復を望んでいる」と述べた。

プーチン大統領は14日、ポンペオ長官との会談で、「先日の電話会談で、トランプ大統領に関係回復の用意があるとの印象を持った。われわれも完全な回復を望んでいる」と述べた。

関係悪化の要因となった「ロシア疑惑」については、「ムラー特別検察官の捜査は、総じて客観的だった」としたうえで、「ロシアが、政府レベルで大統領選に介入することはありえない」とあらためて介入を否定した。

これに先立ち、ポンペオ国務長官はラブロフ外相とも会談し、関係改善に期待を示す一方、「来年の大統領選に介入した場合、米ロ関係は悪化する」とくぎを刺す場面もあった。