女性ストレスオフ県ランキング バイきんぐ語る広島県

カテゴリ:芸能スポーツ

女性のストレスに関する、気になるランキングが発表された。

お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二さん(42)が不満爆発。

バイきんぐ・小峠さん「何がストレスかって、コイツ(西村さん)が横にいることがすごくストレスですね。僕がハゲたのもコイツのストレスのせいですよ」

バイきんぐ・西村瑞樹さん(42)「人のせいにするんじゃないよ」

フリーアナウンサーの上田まりえさん(32)とともに出席したのは、全国の20歳から69歳の女性およそ7万人を対象に、ストレスチェックを実施。

ストレスが少ない順に都道府県をランキングにした、「ストレスオフ県」ランキングの発表会。

3位は「三重県」。

自然に囲まれた環境で、産業・観光ともに充実していて、仕事の満足度も高く、趣味はドライブという女性が多いそう。

2位は「広島県」。

カープ女子など、スポーツ観戦が趣味という県民が多く、プライベートの充実や休日の睡眠時間の長さから、ストレスを解消できているよう。

広島県出身のバイきんぐ・西村瑞樹さんは、「趣味でキャンプによく行くんですけど、キャンプ場でMAX14時間寝たことがあります。(家で寝ろ!)県民性なんですね」と話した。

1位は「鳥取県」。

通勤時間や人とのつながりに関してストレスが低く、プライベートの時間も満足しているという結果だった。

全国およそ7万人の女性を対象に、厚生労働省が実施したストレスチェックをもとに調査したランキング。

1位の鳥取の人は、どう思っているのか。

70代の鳥取県民「割と鳥取の人は、のんびりしているんじゃないですか。やっぱり人間性がいいんじゃないですか」

20代の鳥取県民「渋滞があんまりないとか、そういうのじゃないですかね。考えたことない。(人がいいんじゃないかな?)なるほど」

一方、東京在住の鳥取県出身者は...。

50代の鳥取県民(東京在住16年)「通勤のストレスが違うかなと思います。鳥取では車通勤であったんですけど、特に渋滞もなく、イライラすることなかったので...」

40代の鳥取県民(東京在住6年)「子どもの出産のときとか、育児している中で、急に病気になったりとか、そういったときとかも、すぐ近くに病院がたくさんあったりとか、保育園とか幼稚園の待機児童が全然ないので、親としては、すごく子育てがしやすいかなと感じていたので」