ZOZO アルバイト2000人を採用へ 時給1300円に引き上げ

カテゴリ:ビジネス

アルバイトを2,000人採用へ。

時給も、3割アップ。

あの前澤社長がツイッターで、「ZOZOバイト時給1,300円で2,000名採用」とつぶやいた新たなバイト採用計画。

衣料品通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOは、千葉と茨城にある物流倉庫で働くアルバイトを新たに2,000人採用すると発表した。

さらに、6月から待遇を改善し、週4日以上勤務する場合、時給を現在の1,000円から3割引き上げて1,300円に。

週3日以下でも1,000円から1,100円に引き上げ、すでに働いているアルバイトにも適用するという。

首都圏の物流作業の平均時給1,082円と比べて高い水準で、ZOZOは、このほかにも勤務実績によっては1月あたり最大1万円の賞与を支給するとしている。

2019年3月期の決算で、上場以来初めての減益となったZOZO。

待遇改善で人材を確保し、サービス向上につなげたい考え。

流通アナリスト・渡辺広明氏は「人件費をアップさせるのは、当然収益を悪化させるが、人を集められないと配送の問題とか、サービスの方にマイナスを与えるので、最低限のサービスを維持するために倉庫の人材を確保することに走ったと思う」と話した。

ファション業界では、ライバルのユニクロが2020年度から新入社員の初任給を2割引き上げる方針を示していて、人材獲得競争は今後、さらに激しさを増しそう。