日本にも影響...中国経済減速 貿易摩擦が世界に波及

カテゴリ:ビジネス

米中貿易摩擦は、両国が全面的な争いに陥るおそれが出てきている。

こうした中、日本国内の企業でも影響を心配する声が強まっている。

東京・大田区の金属部品メーカー。

貿易摩擦による中国経済の減速で、部品の受注にも影響が出てきている。

富士セイラ 東京事業所では、中国などに輸出される機械や、半導体に使われる金属部品を作っている。

富士セイラ・蟻坂取扱役総務部長は、「輸入関税が上がることによって、中国の経済自体が減速していく影響というのは、日系メーカーにも大きく影響は出ています」と語った。

中国で現地生産もしていたが、米中の貿易摩擦が引き金となり、中国工場を引き揚げる検討を本格的に始めている。

富士セイラ・蟻坂取扱役総務部長は、「中国でのビジネスの採算性が悪化していく中で、当社としても、中国でのビジネスの引き揚げを検討しているというところです」と語った。

貿易摩擦を背景にした中国経済減速の影響は、上場企業の2019年3月期決算にも広がっている。

最終利益の合計は、10日までの集計で、前の期と比べ、4.3%減少し、3年ぶりにマイナスとなる見通し。

パナソニック・梅田CFOは、「400億円程度の減益要素が、この中国との貿易摩擦ではあったと」と述べた。

日立製作所・東原社長は、「世界の経済がスローダウンする方を非常に心配している」と述べた。

対立の行方は、世界経済の先行きを左右するとみられる。