令和へ...時代彩る3000点! 目黒雅叙園で猫ざんまい!?

カテゴリ:話題

今、東京都有形文化財の「百段階段」で有名な「目黒雅叙園」で、猫だらけのイベントが開かれている。

その数、なんと3,000点。

昭和が生んだ名漫画家・赤塚不二夫さんの「シェー!」のポーズ。

さらに、平成に有名になった猫の駅長「たま駅長」の巨大化バージョン、「メガたま駅長」まで。

実は、イベントのコンセプトは「時代」。

平成から令和に変わる特別なゴールデンウイークに、猫で時代を振り返ろうという。

日本最古の漫画といわれる「鳥獣戯画」も、猫の世界に。

古いものでは、平安時代から、今、話題の猫ちゃんまで。

そんな中、多くの人が写真を撮っている。

そこには、ある狙いが。

ホテル雅叙園東京 イベント外販部長・柚木啓さんは、「見たものを(SNSなどで)誰かに伝えたい気持ちがある。基本的には、展示作品は撮影OKです」と話した。