「サイト料金未納」と1日10万件超 タイから日本の携帯に送信

カテゴリ:国内

タイで摘発された日本人の振り込め詐欺グループが、「サイト利用料金が未納になっている」などとするメッセージを1日10万件以上、日本の携帯電話の番号にタイから送信していたことが新たにわかった。

関係者によると、タイで摘発された日本人の振り込め詐欺グループは、1日4回、それぞれ3万件ほど、「サイト利用料金が未納になっている」などとするメッセージを、日本の携帯電話の番号にランダムに送信していた。

固定電話の転送サービスを悪用して、被害者には03などから始まる番号が表示される偽装工作を行っていて、1回の送信に対し、200人程度の人が電話を返してきたとみられている。

神奈川・横浜市在住の被害者男性(40代)「携帯にメッセージみたいな感じで来て、要は支払いがされていないって」と述べた。

秋田市在住の被害者男性「『携帯電話は切らないで、そのままコンビニに行ってください』と。『もうカード買いましたか?』と。家に着いたら番号をスクラッチして教えてくださいと」と述べた。

日本国内で被害者が次々と見つかっている中、日本の捜査員数人が16日午前、タイに向かうため、羽田空港を出発した。

現地では、押収された資料やパソコンなどを分析し、被害者の特定を進め、組織的詐欺グループの実態解明を進める方針。

(秋田テレビ)