ノートルダム大聖堂 いまだ鎮火せず 火元は工事の足場付近か

カテゴリ:ワールド

世界遺産に登録されているフランス・パリのノートルダム大聖堂で発生した火災は、およそ9時間半たった今も鎮火していない。

出火したのは、日本時間16日午前2時前で、高さがおよそ90メートルある塔にも燃え広がり、塔の一部が崩れ落ちた。

消防士1人が軽傷を負ったが、住民や観光客に、けが人は出ていない。

大聖堂は修復工事中で、火は、この作業のための足場付近から出たとみられている。

現地の消防当局は失火とみて、火災のくわしい原因を調べている。

パリ市民は、「とても悲しい。なんて無力なの。心が乱れる」と述べた。

現地に住む日本人は、「パリの中心にガンと座っていて、そういうものだから。けっこうショックは大きい」と述べた。

この火災では、塔のほか、屋根の大部分が焼けた。

しかし、消防当局によると、建物内部の損傷は少ないという。

マクロン大統領は、大聖堂を建て直す考えを表明していて、国内外に寄付を呼びかけている。

およそ800年にわたってフランスのシンボルとして愛されてきた大聖堂が火災に見舞われる事態に、フランスの人たちの間に衝撃が広がっている。