天皇陛下 衆参議長らと懇談 宮内庁 退位後の儀式決める

カテゴリ:国内

天皇陛下は、衆参両院の議長らを皇居に招き、食事をともにされた。

毎年、陛下は国会の運営に尽力する役員らをねぎらうため、食事をともにされている。

15日は、衆参両院の議長や各委員会の委員長らが招かれ、陛下は、出席者と和やかに懇談された。

一方、宮内庁は、15日、皇位継承にともなう大礼委員会を開き、5月1日の新天皇の即位直後に行われる宮中祭祀(さいし)などの儀式の詳細を決めた。

平成のお代替わりをほぼ踏襲していて、秋に行われる大嘗祭(だいじょうさい)については、5月以降に検討される。