ノートルダム大聖堂火災 消火のめど立たず90mの塔の一部崩落

カテゴリ:ワールド

フランス・パリの観光名所で、世界遺産にも登録されているノートルダム大聖堂で火災が発生し、日本時間16日午前6時現在も燃え続けている。

出火からおよそ4時間がたったが、パリ市民が消火活動を見守っている。

12世紀からパリを見守ってきた、いわばフランスのシンボルとも言うべき大聖堂の火災に、涙を浮かべる人も見られた。

消防隊に向けられた拍手が沸き起こり、フランス国歌を口ずさむ人も見られる。

日本時間の16日午前2時前、パリ中心部にあるノートルダム大聖堂で火災が発生した。

出火元は、高さがおよそ90メートルある塔の周辺とみられ、出火からおよそ1時間でその塔の一部が崩れ落ちた。

市民

「何を答えればいいか、言葉が出ません」

これまでのところ、けが人などは確認されていない。

火災は現在も延焼を続けていて、消火のめどはたっていない。

現地の消防当局は消火活動を続けているが、延焼を食い止められるかわからないとしている。

出火当時、ノートルダム大聖堂では改修工事が行われていたが、火災と関連があるかはわかっていない。