没入感+共有 VRでスポーツ観戦革命

カテゴリ:テクノロジー

「αism」。

スポーツ観戦。

臨場感を求めるならスタジアム、自宅で手軽に楽しむならテレビ中継。

この2つから、いいとこ取りした新しいスポーツ観戦の形とは。

テレビなどが一切置かれていない部屋。

手渡されたのは、VRゴーグル。

そこに映し出されたのは、JリーグとNTTドコモが開始した新たなサービス。

VRゴーグルやタブレット端末の専用アプリで、VR空間でJリーグの試合を観戦できる。

試合会場には、ピッチサイドに360度カメラ。

ピッチ全体を映すふかんカメラや、ゴール裏などに専用カメラ、あわせて8台設置。

VRカメラ設置技術者

「これは、一般の人から見たら、本当に特別な映像です。なぜなら、スタジアムに来ている人よりも近くで選手を見ることができるからです」

自分の好きなタイミングで視点を切り替えられ、まさに没入できるのが特徴。

鹿島アントラーズの攻撃陣が絶好調だったこの日。

3点目が決まるとテレビ中継では、すぐさまリプレーシーンが流れたが。

VRでは、コンサドーレ札幌のキーパーが非常に残念そうにお尻をついている映像も、間近で確認できた。

VR空間では、試合映像だけでなく、リアルタイムに試合情報、スタッツが更新されるほか、出前の注文も可能。

極めつけは、アバターを使って友人と会話しながら観戦体験を共有できるという点。

スタジアムが抱えるアクスス問題などの解消だけではなく、新規のファン獲得のコンテンツとして期待が集まるVR観戦。

NTTドコモ コンシューマビジネス推進部・岩本和久デジタルコンテンツサービス担当部長

「5Gという非常に素晴らしい高速大容量のネットワークが入る。このような面白い配信サービスなどを組み合わせ、今までにないスポーツの観戦体験を多くのユーザーに楽しんでいただきたい」

そして、これからの時代を見据えた新たな観戦スタイルに、Jリーグのトップは。

Jリーグ・村井満チェアマン

「サッカーはスポーツの中でも類いまれなる360度の競技です。(VR観戦は)自分がプレーヤーになったような錯覚さえも起こす。サッカーはそういう商材のような気がします。本当の意味でのサッカーの醍醐味(だいごみ)、リアルなすごみがわかる」