一連の儀式後 皇位継承議論を 大島衆院議長が発言

カテゴリ:国内

大島衆議院議長は、15日に東京都内で講演し、新天皇の即位に関する一連の儀式が終わり次第、皇位継承の在り方について、政治の場で議論する必要性を訴えた。

大島衆院議長は「皇室の継続性ということを、わたしどもは余裕を持って政治の場で考えていかないといけない時が近づいているわけです」と述べた。

さらに、大島議長は「一連の儀式が執り行われたあと、政府は静ひつな環境で検討に入っていただく。その後、立法府として結論を出す。大きな政治課題が課せられている」と述べ、即位の一連の儀式のあと、皇位継承について本格的な議論を始めるべきだとの考えを示した。

これについて、菅官房長官は、「国民のコンセンサスを得るためには、十分な分析・検討と、慎重な手続きが必要だ」と述べた。