【速報】日米新貿易交渉 ポイントは まもなく初会合

カテゴリ:ワールド

茂木経済再生担当相はまもなく、アメリカ通商代表部・ライトハイザー代表との貿易交渉に臨む。

協議では、アメリカから厳しい要求を突きつけられる可能性があるものの、日本側は「絶対に負ける気がしない」と強気な姿勢。

初会合では、農産品や自動車などの扱いで、アメリカがどこまで踏み込んでくるかが焦点となる。

アメリカは、日本が農産品にかけている関税の大幅な引き下げや、日本が輸出する自動車の数量規制などを打ち出す可能性があるが、日本側は、2018年9月の首脳会談で合意した共同声明に沿って、交渉分野が「物品の関税中心」だとアメリカにくぎを刺す考え。

日本側は「アメリカが高めの要求を出してくる可能性があるが、しっかり戦う」と、厳しい要求があれば拒否する構えで臨む。