最大で“4割値下げ” ドコモが新料金プラン発表

カテゴリ:ビジネス

NTTドコモは、携帯電話の通信料金を最大でおよそ4割引き下げた新プランを2019年6月から開始すると発表した。

ドコモが発表したのは、端末代金と通信料金を切り離した「分離プラン」で、家族で3回線以上利用した場合、月額5,980円で最大30ギガバイトまで高速通信を使える「ギガホ」と、通信データ量などに応じて、月額1,980円から4,980円まで価格が変動する「ギガライト」。

従来のプランは6月以降、新規受付を終了する。

新しい料金プランは、家族割引などを組み合わせると、現在のプランより最大でおよそ4割の値下げとなる。

携帯電話の分離プランは、KDDIやソフトバンクでもすでに提供されていて、端末料金と通信料金の分離を求めた政府の意向を受けた形。