河野外相 技術移転など懸念伝達 日中ハイレベル経済対話

カテゴリ:ワールド

日本と中国の閣僚級による経済対話が14日に北京で行われ、河野外相は技術移転強要などに関する日本の懸念を中国側に伝えた。

日中ハイレベル経済対話には、日本からは河野外相ら6人の閣僚が出席し、中国からは王毅国務委員兼外相らが参加した。

終了後、河野外相は、「強制技術移転、知的財産権の保護、データの取り扱い、産業補助金などの構造的な問題について、日本側の懸念、問題意識をしっかりと伝達した」と述べたほか、日本産牛肉などの中国への輸出解禁に向けた条件の1つである「動物衛生検疫協定」について、実質合意したことを明らかにした。

一方、中国側は次世代の通信規格「5G」をめぐり、安全保障上の懸念が指摘されている通信機器大手ファーウェイについて、「公平公正に扱ってほしい」と日本市場から排除しないよう求めた。