参院 首相“待機児童解消も最優先で” 幼保無償化法案

カテゴリ:国内

幼児教育や保育を無償化するための法案が12日、参議院で審議入りし、無償化より、待機児童ゼロを優先すべきだとする野党に対し、安倍首相は、待機児童解消について、無償化とともに最優先で取り組むと強調した。

立憲民主党・牧山弘恵参院議員

「幼児教育保育の無償化は、預け先のない方にとって、何の意味もありません。無償化よりも待機児童をゼロにし、保護者の窮地を救うことこそ優先されるべきではないですか」

安倍首相

「待機児童の解消は待ったなしの課題であり、幼児教育保育の無償化とともに最優先で取り組んでまいります」、「無償化による保育ニーズの増大があったとしても、十分対応可能なもの」

参議院本会議で、野党側が「環境整備をせずに無償化を進めれば、待機児童問題の悪化や保育の質の低下を招く」と主張したのに対し、安倍首相は、「無償化を契機に、認可外保育施設の質の向上を図っていく」と強調した。