世界初 自律学習するAIの可能性

カテゴリ:国内

働く人に役立つ、プラスαな考え方に注目する「αism」。

世界で初の技術を開発したのは、日本のスタートアップ企業。

エイシング・出澤純一社長は、「機械自身がどんどん学習して、賢くなっていく。われわれが知っている限りでは、世界で初めてになるはず」と話した。

日本のスタートアップ企業が発表した、携帯よりも小さい、カードサイズの「AIチップ」。

世界初の技術が詰まっていた。

いまや、製造工場や飲食店など、多方面で使われているAI(人工知能)。

現在、一般的なAIは、「ディープラーニング形式」といい、学習精度を高めるためにネットにつないで学習させ、エンジニアによる調整作業が必要で、通信コストと人件費がかかっていた。

しかし、今回のエッジAI「AiiRチップ」は、ネットを介さずとも端末それぞれが学習するため、通信コストと人件費がかからないというもの。

いったい、どんなものなのか。

デモ機を使って説明する。

「倒立振り子」と呼ばれる装置。

AIが、数mm秒先の状態を予測し、棒を押しても真っすぐに戻ってくるという簡単な動きをする。

従来の制御システムを使うと、まっすぐ戻る補正をするためのチューニングに時間が必要なうえ、ぶれが生じることもある。

一方、自律学習をするAIを使用した「倒立振り子」では、装置自体が速度や加速度を学習。

どんな押し方をしても、まっすぐぴたっと戻る。

なぜ、このエッジAIの開発に至ったのか。

エイシングの出澤社長は、「少子高齢化で人がいない。生産性の効率化をしないといけない。ロボットも、個体差の補正が必要だと、ニーズが元からあった」と話した。

すでに導入されているオムロンの巻き取り機械では、補正にかかる時間を3分の1に短縮し、製造過程の無駄を抑えることに成功。

このほか、JR東日本の散水除雪装置など、国内でも十数社の大手企業と共同開発をし、一部企業では、ライセンス契約も取得。

ドイツの自動車メーカーとの商談も決まっている。

そして、エッジAIには、新たな可能性も。

出澤社長は、「ユーザー側で使っていたデバイスごとに学習したものを、クラウドで吸い上げて統合すると、平均化された賢いAIができる。それをわたしたちはストックしていき、使えるようにしていくのが、最終的な目標」と話した。