JR品川駅の“誰でも自由に弾けるピアノ”が突如終了…担当者に理由を聞いた

カテゴリ:暮らし

  • 駅構内に展示された“誰でも自由に弾けるピアノ”が22日に早期終了
  • SNSでは演奏を予告した動画配信者の影響を指摘する声も
  • 担当者「乗降客の安全確保を考えた結果」

「安全管理上の問題」でピアノが突如撤去

楽しみにしていたことがいきなり中止となったら、皆さんはどう思うだろう?今回、そんな残念なことが起きてしまった。
JR品川駅構内に設置されていた、誰でも自由に弾けるピアノ「ストリートピアノの展示が、会期途中の1月22日で突如中止となったのだ。

「ストリートピアノ」の展示は、ヤマハ株式会社のプロジェクト「LovePiano」の一環として行われたもの。ピアノと人々の距離を縮めてもらおうと2017年に始まり、これまで百貨店や複合施設などのオープンスペースに期間限定で展示されてきた。累計の利用者数は約1万人にのぼるという。

今回展示されていたピアノ

こうした中、今回はJR東日本の協力もあり、JR品川駅構内・中央改札内の「エキュート品川」入口前に展示されることに。
イラストレーターや美術専門学校の生徒らが描いたカラフルなピアノが、1月12~27日の期間、誰でも自由に弾ける...はずだったのだが、22日、ヤマハの公式ツイッターアカウントは「安全管理上の問題」での展示終了を投稿。ピアノも撤去されてしまった。
ネット上に、「ストリートピアノ」を奏でる動画が多数アップされるなど、盛り上がりを見せる中での突然の終了だった。

ツイッター上では、突然の展示中止に困惑と落胆するユーザーが相次いだ。
・仕事帰りに寄ったらピアノが無くなっていて残念。「安全管理上の問題」って何?
・駅に来たら展示終了してた。上手な人が弾くのを楽しみにしてたのに
・残念です。初めて弾いたストリートピアノは緊張したけど、楽しく弾かせていただきました

展示中止を巡っては、ある動画配信者が「ストリートピアノ」を演奏するライブ配信を予告しており、一部からは「これが原因ではないか」と関連性を指摘する意見も上がっていた。
展示中止の理由は何なのだろうか?「LovePiano」の広報を担当する、株式会社ヤマハミュージックジャパンに話を聞いた。

担当者「動画配信者と展示中止との関連性はありません」

――品川駅へのピアノ設置を中止した理由は?

想定よりも多くのお客様にお越しいただき、駅を利用される乗降客の皆様の安全確保が担保できないと判断し、予定を早めて終了いたしました。


――安全管理上の理由とは具体的には何?

前述でお伝えした通り、乗降客の皆様の安全確保が担保できないと判断したためです。


――乗客にトラブルやけがなどがあったのか?

乗客にけがなどはありませんでした。


――多くの乗客が訪れた理由は?

ニュース番組などで紹介され、SNSでの反響を呼んだことが考えられます。JR側と協議して展示中止を決定しました。


――動画配信者の影響を指摘する声もあるが?

今回の中止は、あくまで安全管理上の問題によるものです。動画配信者との関連性はありません。


――今回の展示で迷惑行為はあった?過去の展示ではトラブルはあった?

ございません。


――楽しんで演奏された方がいることに対しては?

多くの皆様にお楽しみいただく中、今回、予定よりも早く終了いたしましたことを誠に申し訳なく存じております。
ツイッターなどを通して皆様からお寄せいただきました、継続を望む声にお応えできますよう、努めてまいりたいと考えております。


――今後の展開はどうする?

皆様のご意見をうかがいながら、ピアノに触れていただく機会を増やしていきたいと考えております。
引き続き、どこでも、どなたでも弾けることでピアノの可能性を拡げるプロジェクト「LovePiano」の活動に取り組んでまいります。

イメージ

展示中止の理由は「ストリートピアノ」の反響が予想以上に大きく、品川駅を利用する乗降客の安全面を考慮した結果とのことだった。
ネット上にアップされた動画では奏者も聴衆も一体となり音楽を楽しんでいて、コメント欄には「SNSで動画を見るのもとても楽しかった」「また見られる日を楽しみに待っています」など、再度の展示を求める意見も多かった。

安全面などの課題を解決した後、いつかまた「ストリートピアノ」から軽やかな音色が鳴り響くことを期待したい。