コンビニの“セルフコーヒー”を悪用 100円カップで150円のカフェラテをいれて逮捕

  • 料金先払いで受け取ったコーヒー用カップにカフェラテを注ぐ
  • 機械のボタンもカップも、コーヒーとカフェラテはしっかり色分け 
  • 数日前も同様の犯行があり、今回はオーナーが私服姿で張り込み

得をしようとした50円

福岡県・那珂川市のセブンイレブンで21日、窃盗の疑いで現行犯逮捕された、自称・会社員の62歳の男。

“得”をしようとした金額は「50円」だ。

男が悪用したのは、レジで代金を支払うと空のカップが渡され、その後、客自身がマシンでコーヒーを入れるという、料金先払いのセルフシステムだ。マシンにはコーヒーの種類やカップの大きさなどを選ぶ、数種類のボタンがあり、本来は料金通りのボタンを押すのだが…

セルフシステム用マシン

今回逮捕された男は、レジで100円のコーヒーを購入。店員からコーヒー用の白いカップを渡された後、自身が買ったコーヒーより50円高い、150円のカフェラテをカップに注いだのだ。

コーヒーとカフェラテの違い

コーヒーとカフェラテ、値段や味が違っていてもカップの大きさは同じ。しかし、コーヒー用のカップが白で統一されている一方、カフェラテ用のカップは外側が薄茶色となっており、違いは歴然。

さらに、機械のボタンもカップの色に合わせて、コーヒー用は黒・カフェラテ用は薄茶色に色分けされている。

マシンのボタンイメージ

オーナー自らが私服で見張り

実は今回、被害にあったコンビニでは、数日前も同様の被害に遭っていたため、今回は店のオーナーが私服姿で見張りをしていた。その厳戒態勢の中での犯行を、オーナーは斜め後ろから確認し、男を現行犯逮捕。

当初、男は言い訳を口にしていたという。

逮捕された男:
ボタンを押し間違えただけ。
 
セブンイレブンによると、客が機械のどのボタンを押したのかは、カウンター内にいる従業員も確認できるという。その後の調べにより、男は「故意にやったことは間違いない」などと話し、容疑を認めたという。

警察は男が同様の手口を繰り返した疑いもあるとみて、捜査する方針だ。

(「プライムニュース イブニング」1月22日 放送分より)

プライムニュース イブニングの他の記事